遊びがいのちを支える 医療を変える

トップ 活動理念 活動の実績 普及啓発 遊びのボランティアがいる病院 みんなの声 支援のお願い ブログ リンク集 問い合わせ
ハウスグランマ
 〜〜入院から退院後、社会復帰までをトータルにサポートを行う施設〜〜
入院中や退院して通院の際に、ちょっと立ち寄れる“おばあちゃん家”があったらいいな、との子どもやお母さんたちの声に応えて、
国立国際医療センターと東京女子医大病院に近い東京都新宿区若松河田辺りに、子どもたちが集まって遊べたり勉強したり、付き添い
のお母さんがひと息つけるスぺースをもつマンションを求めています。
NPOだけの力ではなかなか建てるだけの資金が集まりません。お持ちの家を貸してもらえるとか、買って貸していただけるとか、
いろいろ方法はあると思います。ご支援をお願いします。

★子どもと家族が集える施設(ハウス・グランマ)とは次の機能を持たせます。
@ 入院児やその家族、通院する子たちが気楽に立ち寄れて、遊んだり勉強したり、休息したりできて、病院との連携もとりやすい位置
として国立国際医療研究センターと東京女子医大病院の近くにあること。
A コーディネーターとボランティアが常駐し子どもやその家族、病院側からの要請に迅速に対応できる体制がとれること。
B 遊ぶスペースのほかキッチン、バスルーム、寝具などを常備し、緊急の宿泊、親たちのレスパイトやボランティアたちとの交流が
はかれること。
C NPOの効率的な運営に必要な事務所スペースとボランティアが参加しやすい体制がとれること。
D スペース的には3LDKぐらいの広さ。

★運営
マンション維持に必要な経費として家賃50,000〜70,000円ぐらいを所有者にお払いします。光熱水道費、電話代などはNPOが負担。
フット
トップページ 活動理念 活動の実績 普及啓発 みんなの声 支援のお願い ブログ リンク集 問い合わせ