遊びがいのちを支える 医療を変える

トップ 活動理念 活動の実績 普及啓発 遊びのボランティアがいる病院 みんなの声 支援のお願い ブログ リンク集 問い合わせ
普及啓発 本の紹介

■「通信」の発行 年5回〜6回 ほかに長期入院の子どもに対する個人の通信を随時
■ホームページ、ブログ 「日本女子大学などでの講座」 「小児保健学会などでの研究発表」ほか
■本の出版 『病気になってもいっぱい遊びたい』(あけび書房、2008年8月刊)
■どこの病院でもこの1冊があれば⇒「遊びのボランティアハンドブック」刊行
■「メディア掲載」 新聞 雑誌 テレビ ラジオ Web ほか


■メディアに掲載された記事

web明治学院大学 webウエッジインフィニティwebゆきえにしネット
NHKクローズアップ2010年3月31日
PDF山陰中央新報等全国25誌に共同通信2015 PDF東京新聞2016 3 10 PDF読売新聞2014 12 18 PDF医薬経済2012年3月1日号 PDFロハス・メディカル2011年9月号
PDF朝日新聞2011 9 6 PDF朝日新聞2011 4 19 PDFVoice平成23年四月号 PDF朝日新聞2010 10 15 PDF連合通信2010 6 8 PDF朝日新聞2009 10 24
PDFカトリック新聞2009 9 6 PDF小学館「3・4・5歳児の保育」2009年8月号 PDF社会福祉研究実践報告2009 7
PDF週刊朝日2008 10 10 PDF読売新聞2008 9 10 PDF日本経済新聞2008 9 7 PDF東京新聞2008 5 9 PDF毎日新聞2008 4 24 PDF信濃毎日2007 9 11
PDF信濃新聞2007 8 19 PDF日本経済新聞2007 3 10 PDF新聞あかはた2007 1 20 PDF読売新聞2006 11 9 PDF朝日新聞2006 09 08 PDF毎日新聞2005 10 12
PDF朝日新聞2005 03 30

▲社会の理解をめざして普及啓発事業

フォーラム

▲シンポジウム
”柳田邦男さんと考える子どもの緩和ケア”
 日時 2009年2月14日
 場所 持田製薬ルークホール

・子どものいのちにどう寄り添うか
 ノンフィクション作家・評論家
 柳田 邦男氏

・小児医療と緩和ケア/日本でできること
 国立国際医療センター小児科医師
 佐藤 典子氏

・パネルディスカッション
小児がんの息子との闘病
 山田 智恵美
 (子どもをがんで亡くした親)
 終末期の娘の闘病を支えたもの 水島 洋子
 (子どもをがんで亡くした親)
 看取りの体験――看護師として 荒川 未来
 (茨城県立こども病院看護師)
 ボランティアのさまざまな体験の中から 南 ゆう子
 (遊びのボランティア)
 告知を受けた高校生との出会い 岡部 梨沙
 (遊びのボランティア)


■最近の研究発表・講演活動

■2012年
・全国の病院で活動する遊びのボランティアらを呼び掛け、4団体共同で「全国小児病棟遊びのボランティアネットワーク」を立ち上げた。第1回全国交流集会は平成25年1月東京で開催,9都府県から27人が参加し情報交換、課題の提起など実り多い会合となった。
・メディアはテレビ朝日「ニュースの深層」に出演。「ロハスメディカル」、フランスベッド財団「ふれあいの輪」「日本児童文学」などに紹介された。
・大学ゲスト講話 文京学院 明治学院 法政大学にて
この他、子どもを亡くした親の集い、ボランティアのための保育研究会

■2011年
・8月20周年記念誌「たくさんの人に支えられて―遊びのボランティア20年」発行
・9月20周年記念フォーラム開催 200人参加
・11月MMWWにて活動報
・大学ゲスト講話 明治学院 聖学院 明星大学 日本女子大学にて
この他、子どもを亡くした親の集い、ボランティアのための保育研究会を新規立ち上げ

■2010年
・「生活と文化」『発言妙』連合通信8333号2010年6月発行に掲載
・こどもの文化「困難を生きる親子」対談 子どもの文化研究所2011年2月
・遊びのボランティア実態調査2010年度版
・通信38・39・40・41発行
・このほかの講演 東京未来大学 日本女子大 明治学院大学 聖学院 明星大学 など

■2009年
・シンポジウム「柳田邦男さんと考える子どもの緩和ケア」開催
・実践報告「福祉のはざまの病院で」社会福祉研究第105号掲載
・子どもの臨床セミナー第1回「小児がんのトータルケアと子どもへの告知」開催
・子どもの臨床セミナー第2回「英国の子どものホスピスとわが国の課題」開催
・日本子育て学会第1回自主シンポジウム「入院児のためのボランティア活動」発表
・第3回ボランティア視察交流会「あいち小児保健医療総合センター」主催
・第4回公開セミナー「病児の遊びとおもちゃケア」で実践報告
・ベグライテン第86回例会「子どもと遊ぶボランティア社会は何が出来るか」講演
・そのほかの講演 東京未来大学 聖心女子大 日本女子大 明治学院大学 東京医科歯科ボランティア教養講座 HPSJ養成講座(ホスピタルプレイスペシャリストジャパン)など

■2008年
・『病気になってもいっぱい遊びたい』坂上和子著、あけび書房から出版
・「医療体制の変革と患者のための病院--国立国際医療センター院長の講演」開催
・第2回ボランティア視察交流会「宮城県立子ども病院」主催
・第55回小児保健学会「小児病棟における子育て支援の必要性」発表
・明治学院大学社会福祉学科特別講演「社会福祉の新しい挑戦」
・そのほかの講演 神奈川県立保健福祉大 聖心女子大 日本女子大 明治学院大学 武蔵野大学 HPSJ養成講座など

■2007年
・第18回日本発達心理学会「小児病棟における遊びを通した関わりと発達的変容」ポスター発表小児医療セミナー
・日本女子大学生涯学習総合センター公開講座実践報告
・第1回ボランティア視察交流会「長野県立子ども病院」主催
・『遊びのボランティアハンドブック』刊行
・そのほかの講演 東洋英和女学院大学 神奈川県立保健福祉大学 明治学院大学 聖心女子大学 日本女子大学 日本社会事業大学 清泉女子大学 ベグライテン 東京医科歯科大学部付属病院遊びのボランティアふしぎなポケット HPSJ養成講座など

■そのほか
・1995年 『病院で子どもが輝いた日』斉藤淑子・坂上和子、あけび書房から出版
・1998年 こども病院環境アメリカ視察ツアーに参加
・2005年 こども病院ボランティア視察研修(アメリカ・カナダ訪問)

フット
トップページ 活動理念 活動の実績 遊びのボランティアがいる病院 みんなの声 支援のお願い フェイスブック リンク集 問い合わせ ▲上に戻る↑